Lunalogy Life月星座ライフ

よい思考とよい感情で運とチャンスを引き寄せよう①

リッチになりたい、仕事で成功したい、素敵なソウルメイトに出逢いたいーーーだれもが何かしらの願いを持っていますよね。

Keikoによると

Keiko
お金で買えないものもサラリと引き寄せ、幸せなものだけが向こうから寄ってくるようになるには、「自分のエネルギーを大きくするだけではなく、その『質』まで高めてほしい

のだそう。

風の時代を前にした今、Keikoの著書『リッチなひとだけが知っている宇宙法則』(大和出版)をもとに、波動の高め方を2回にわたってお伝えしていきたいと思います。

幸せだけを引き寄せる力とは?

自分自身が放つエネルギーが大きくなると引き寄せ力は確実に高まりますが、エネルギーが大きいだけでは、有象無象のものを引き寄せてしまい、結果ありがたくないものまで寄ってくる可能性も出てきます。

そこで、注目したいのは「エネルギーの質」。

幸せだけを引き寄せるなら、エネルギーを大きくするだけでなく、「エネルギーの質=クオリティも高めることが大切」とKeikoは言います。

つまり、「エネルギーの大きさ×クオリティの高さ」がカギというわけです。

そして、その「クオリティ」を左右するのが「波動」。いいエネルギーを放つためには、自分の波動を高めることがポイント。

幸せだけを引き寄せる力とは、「大きなエネルギー×高い波動」というわけです。

高い波動とはどんなもの?

高い波動というのは、言い換えると「宇宙の波動に近い状態」のこと。

そもそも、運やチャンスは「波動の高いところ、人」にしか寄ってこない性質があります。

皆さんもご存知だと思いますが、「同じ波動のものは引き合う」という宇宙法則がありますが、幸運やチャンスは波動が高いため、同じように波動の高いところ、人にしか近づけないのです。

つまり、「高い波動=運やチャンスに好かれる波動」といえるでしょう。

自分の波動を高めることができるかしら?と不安になる必要はありません。世の中には波動の高い人はたくさんいますし、意識していくことで自分の波動をググっと高めることは十分可能です。

波動が高まれば、寄ってくるものや近づいてくるものがすべて幸運やチャンスといったものになってくるのですから、自分の波動を宇宙の波動に近づけていきたいですよね。

波動を決めるのは、
「思考」と「感情」

波動には、「移る」という性質があります。波動をあげる方法のひとつには、波動の高いものを身の回りに置く、波動の高い人と交流するなどが挙げられます。

これだけでも、ある程度のところまでは波動が高くなりますが、「ある程度どまり」。波動をあげて、引き寄せ力を高めるには、自分自身でコントロールする必要があるものがあります。

それが、「思考」と「感情」。

この2つがネガティブだと、どんなにいい波動を身の回りにおいても、それ以上波動は高くなっていきません。

では、悪いことをむりやりにでも、いいほうに考えるポジティブ思考、プラス思考にすればいいの?と思ってしまいますが、少し違います。

Keikoの定義は、

ネガティブなことを無理やりいいほうに考えるということではなく、「この世は陰陽の法則でなり合っている」という事実を知り、悪いことがおこったら、いいことの前触れだと理解する

ということ。

男女、昼と夜、太陽と月、などこの世はすべて陰陽のバランスによって成り立っています。どちらか一つでは成り立たないのです。ということは、誰にでもいいことが起こり、悪いことが起こる様になっているのです。

ショックな出来事があった時、「次はどんないいことがあるかしら?」と思えるようになれば、波動を確実に上げる第一歩を踏み出したことになります。

自分にはいいことが起こらない
と思っている場合は?

もし、あなたが「自分には悪いことしか起こらない。いいことがひとつもない」と感じているとしたら、「今のあなた」が、宇宙の波動とあってない可能性が大

波動が合わないと、どうしてもズレが生じるため、本来であれば悪いことのあとにはいいことが起こるはずが、陰陽の法則に当てはまらなくなってしまうのです。

とはいえ、落ち込む必要はありません。いいことがちっとも起こらない…というのは、宇宙からの注意喚起

「波動があってないから、もっとあげてくれないと幸運やチャンスを挙げられないよ」

というメッセージです。

つまり、波動をあげていけばおのずと、嫌なことがあっても、そのあとにはもっといいことが起こるようになっていきます。そして、波動が上がれば上がるほど、悪いことが続かなくなってくる、という嬉しい現象も起こってくるでしょう。

「よい思考」と「よい感情」
を育てよう

宇宙の波動は非常に軽いのが特長。波動が高い=波動が軽やか、という風にも言い換えられます。

先ほど波動を高めるには、自分自身で「思考」と「感情」をコントロールする必要がある、とお伝えしましたが、宇宙と波動を合わせるためには、「よい思考」と「よい感情」を育てキープすることがポイントです。

では、どのように「よい思考」「よい感情」をそだてればいいのでしょうか?

次回は、ムーンウェルネスの切り口もプラスした「よい思考」「よい感情」の育て方をご紹介いたします!

どうぞお楽しみに♪

風の時代は「陰陽のエネルギーバランス」を大切にしよう

Keiko直伝!「ピンときたらアクション!」養成講座①

Keiko直伝!「ピンときたらアクション!」養成講座②

 

 

この記事の監修者Keikoについて
月星座開運法「Lunalogy®」および新月・満月の願いを叶える「Power Wish®」創始者。独自のロジカルな星を読む開運法が人気を博し、政財界・芸能界にもファンが多い。著書は30冊以上、累計発行部数140万部以上(2020年5月現在)。
Keiko

この記事をシェア

ABOUT US

Sawa
1977年生まれ。既婚。仕事とプライベート、両方の充実を目指して邁進中。
豊富な知識と経験を活かしてみんなをまとめるMoon Signチームのリーダー。占星術にも詳しく、ミーティングでは天空図片手にKeikoと熱く語り合うこともしばしば。
プライベート最大の目標は「 心からくつろげる住まいに出会うこと 」!週末は大好きなワインを飲みながら、雑誌やインターネットで住まいやインテリアに関する情報収集をするのが定番だそう。

・月星座:蠍座/太陽星座:獅子座
・血液型:A型
・職業:ディレクター
・趣味:ワイン、ヨガ、アロマテラピー