Keiko's Message

ドラゴンヘッドの蟹座入りで、
「家系のカルマ」が焦点に

「11月8日、木星射手座入りとともにジュピターイヤー(射手座木星期)が開幕 」―――2018年後半、これが天空最大のイベントであることは間違いありません。ですが、私は個人的にもうひとつの動きを非常に重視しています。

それは、「ドラゴンヘッド」の移動。木星射手座入り前日の11月7日(※)に、「カルマ」を意味するドラゴンヘッドが獅子座を抜けて蟹座へ移動したことです。※計算式の違いにより、蟹座への移動日が違う日になっているデータもあります

ここで、カルマについて少し解説しておきましょう。天空において、カルマに関わるのは土星冥王星、 そして「ドラゴンヘッド&ドラゴンテイル」。この2つは天体ではなく計算上のポイントなのですが、12星座を逆周りに進みます。そうやって1年半ごとにサイン(星座)を変えながら、「私達が昇華すべきカルマ (課題)」を教えてくれるのです。

このドラゴンヘッドが「家族」「家系」を意味する蟹座に入ったということは、「家系的なカルマが癒されるタイミング」がきたということ。それがジュピターイヤー開幕直前に起こることも、けっして偶然ではないでしょう。「家族や一族に関わるカルマを癒すことがジュピターイヤーでの成功を後押しする」―――それが宇宙からのメッセージなのです。

カルマというのはいわば、「潜在意識レベルの記憶」です。カンタンかつ強力に、潜在意識に作用するのもののひとつが「ムーンウォーター」。水のサイン(星座)である蟹座にとってはもともと相性の良い浄化法ですが、今年12月は蟹座のフルムーンウォーターを2日連続で作れるという、非常に貴重なタイミングがやってきます。繰り返す悪しきパターンや、あなたの運を阻むものも、このタイミングで作るムーンウォーターの力で自然と洗い流され、驚くほどスムーズに運が動き出すことでしょう。

繊細な月の波動を活かしきる、
こだわりの仕掛け

ムーンウォーターは基本、ガラス製のブルーボトルを使えば作ることができる、シンプルなもの。しかしボトル自体の波動が大きく影響するため、完成度に差が出てしまう場合があります。逆にいえば、波動の高いボトルを使えば、どなたでもカンタンに完成度の高いムーンウォーターを作ることができるのです。

繊細な月の波動だからこそ、こちらが繊細な仕掛けをすれば、それにしっかり応えてくれる―――つまり、月の波動が向こうから舞い込んでくる。その性質を利用したのが、「マジカルムーン・ボトル」です。

同じ月でも、新月が「内に向かうエネルギー」を持つのに対し、満月では「外へ向かうエネルギー」に変わります。微妙に異なる波動を取りこぼしなく刻みこめるよう、マジカルムーン・ボトルは新月ボトルと満月ボトルの2本セット。より波動を吸収しやすい色をセレクトし、ムーンウォーターのパワーを高める魔法のシンボルをプリントしています。

蟹座のムーンウォーターで
「カルマ」を洗い流す4日間

今冬、ぜひともマジカルムーン・ボトル&グラスをお使いいただきたいタイミング―――それは、冬至(12月22日)からクリスマス(12月25日)までの4日間

この期間は、土星や冥王星、ドラゴンヘッド&ドラゴンテイルが絡む星回りが続くことから、「カルマ昇華」に最適なタイミングであることが読み取れます。冬至からの3ヶ月間は、2019年3月21日の宇宙元旦(※)に向けて不要なものを手放す時期でもあるため、これは「このタイミングでしっかりカルマを清算しておきなさい」という宇宙のメッセージです。※宇宙エネルギーの観点からみた、1年が始まる最初の日

しかも、12月23日には、11月にドラゴンヘッドが入ったばかりの蟹座で満月が起こります。ドラゴンヘッドは「一族が代々受け継いできたカルマ」を意味するため、自分自身だけでなく、家系的なカルマの清算も可能になる時期といえるのです。ちなみに、「4」という数字は、蟹座エネルギーがもっとも高まる数のひとつでもあります。冬至からの4日間、集中的にセレモニーを行うことで、家系にまつわるカルマリセットを一気に終えてしまいましょう。

カルマは、自分ひとりの力で取り去ることはできません。それが、潜在意識レベルで受け継いだ家系的なものであればなおさら。しかし、今冬は宇宙がカルマを清算することに総力を注いでいます。蟹座は水のサインであるため、ムーンウォーターとの相性は抜群。今回の蟹座フルムーンウォーターは、なぜか繰り返す悪しきパターンや、あなたの運を阻むものも自然と洗い流してくれるはず。

このタイミングを利用して、宇宙元旦(3月21日)前に大きな「スペース」を作ることができれば、ジュピターイヤーの運とチャンスもそこを目掛けて次々舞い込んでくるでしょう。

マジカルムーン・ボトル〜新月&満月〜とは

マジカルムーン・ボトルとは

ニュームーン&フルムーンウォーターは、「ミネラルウォーターを2時間以上月光浴させる」だけでできてしまう、じつにシンプルなもの。

ただし、ここで気を付けなければならないのは、新月と満月ではそのエネルギーがまるで異なるということ。浄化力が強いという点は同じでも、性質が全く違うのです。
最高のムーンウォーターを作るには、この「性質の違い」まで、水にしっかりと記憶させなければなりません。

それだけに「何で作るか」が非常に重要になってくるのです。「新月と満月の微妙な違いにまで踏み込んで、究極のムーンウォーターを作れるようにしたい」――マジカルムーン・ボトル〜新月&満月〜は、Keikoのそんな想いを実現したボトルです。

マジカルムーン・ボトル
〜新月&満月〜の特長

マジカルムーン・ボトルは、新月と満月の異なるエネルギーを効率よく、
そしてしっかりと水に刻みこむために、Keikoならではのこだわりが活かされています。

  • 新月&満月パワーを凝縮する
    ダブルボトル

    新月&満月パワーを凝縮するダブルボトル

    新月が持つ性格は、「固定、凝縮、蓄積」といった「内」に向かうエネルギー。一方、満月は「拡大、拡散、放出」という「外」に向かうエネルギー。新月ボトルと満月ボトルは、それぞれの特性に合わせた最適な仕様になっています。

  • 新月と満月、それぞれの
    エネルギーを吸収しやすい色

    新月と満月、それぞれのエネルギーを吸収しやすい色

     ミッドナイトブルーは新月のもつ「固定、凝縮、蓄積」のエネルギーを、スカイブルーは満月のもつ「拡大、拡散、放出」のエネルギーをそれぞれサポートしてくれます。

  • 月のパワーを最大限に取り込む、
    魔法のシンボル

    月のパワーを最大限に取り込む、魔法のシンボル<

    「水は形や情報を記憶する」といわれていることは、みなさんもご存知でしょう。こうした水の特性を利用し、マジカルムーン・ボトルには、新月と満月のエネルギーをMAXレベルにもっていくための「シンボル」をプリントしています。

    このシンボルはKeikoが複数のパターンを作成し、実際にニュームーンウォーター、フルムーンウォーターを作った結果、もっともエネルギーが高くなったものを採用しました。

  • 天然素材のガラス瓶と
    陶器の蓋

    天然素材のガラス瓶と陶器の蓋

    ニュームーンウォーターとフルムーンウォーターを作るためには、天然素材から作られるガラス製であることがMUSTです。同様に、蓋も陶製のものを採用。ガラスも陶器も、素材は「土」。大地のエネルギーに火を加えたものです。

    つまり、このボトルは「土」と「火」のエネルギーでできているということ。そして、ここに新月と満月の水を入れることで、「土」「火」「水」という3つのエレメントが揃った浄化ウォーターが生まれるのです。

新月・満月の魔力で開運&浄化
マジカルムーン・ボトル&グラス

ご予約早期終了のお知らせ
お陰さまで、お申し込みが予定数量に達したため、今回のご予約は早期終了となりました。
たくさんのご注文、心より感謝申し上げます。
ご予約いただけなかったお客様には、心よりお詫び申し上げます。

ご予約期間

  • 数量限定
  • ご予約商品

1116日(金) 8:00 〜 1118日(日) 23:59

お届け予定:12月14日(金)頃

セットのご予約はこちら販売は早期終了しました

カルマリセットセレモニーについて

運を阻むカルマを清算する
「カルマリセット・セレモニー」
その流れと、天空図から読み取れる
メッセージをご紹介します

DECEMBER 22 冬至

12月22日
冬至の夜

image

寝室にマジカルムーン・ボトル(空の状態)2本と、水晶を入れた「パルファン・アミュレット」をボトルの首にかけるか、 お手持ちの水晶(※)をボトルのそばに置いて、一晩月光浴させます。これはカルマリセットセレモニーの事前準備です。そのため、お水を入れる必要はありません。また、マジカルムーン・グラスをお持ちの方は、この時2脚とも一緒に月光浴させましょう

これはいわば、セレモニーの事前準備。そのため、お水を入れる必要はありません。ガラス製のボトルと水晶は「 地のエネルギー 」を持っているため、「同じ波動のものは引き合う」宇宙法則によって、この日の天空図で力を持つ土星のエネルギーを効果的に集めることができるのです。

※ パルファン・アミュレットをお持ちでない方は、ボトルのそばにお手持ちの水晶を置いてください。
 水晶のサイズ、個数は問いません。

image

夏至や秋分、春分とならび、冬至は占星術学的にも重要なタイミング。この4回の天空図は「四季図」と呼ばれ、そこから先の開運のヒントやキーワードが詰まっていることが多いからです。

今年の冬至の天空図を見てみると、「運とチャンスの入り口」であるアセンダント(AC)に、山羊座のルーラー(支配星)である土星がコンジャンクション(重なること)。しかも、「自分自身」を意味する第1ハウスには、土星・冥王星・ドラゴンテイルが入ります。

この3つの共通点は、どれも「カルマ」を意味すること。冬至というタイミングで、カルマにスポットライトが当たっていることから、「カルマの清算が宇宙元旦に向けたキーワード」であることが読み取れるのです。

DECEMBER 23 蟹座満月の夜

12月23日
蟹座満月の夜

image

マジカルムーン・ボトルを2本使って蟹座満月のフルムーンウォーターを作りましょう。ボトル2本にミネラルウォーターを入れ、日が落ちてから2時間以上月光浴させればOKです。この時、マジカルムーン・グラスをお持ちの方は、2脚とも一緒に月光浴させましょう。

image
飲用グラス

飲用グラスを使い、細胞レベルに
「カルマリセット」の波動を落とし込む

,泙此飲用グラスに満月ボトルで作ったお水をグラス半分くらいまで注ぎ、そこに新月ボトルで作ったほうのお水を、あふれ出ない程度に加えてください。

△海両態で、6分間おきます

グラスを左手に持ち、ゆっくりと飲みましょう。この時、フルムーンウォーターが細胞のひとつひとつに染みわたるようなイメージングをしながら飲むと、より効果的です。

image
浄化用グラス

浄化用グラスで、家にはびこる
ネガティブエネルギー(邪気)を取り払う

‐化用グラスに満月ボトルで作ったお水をグラス半分くらいまで注ぎ、そこに新月ボトルで作ったほうのお水を、あふれ出ない程度に加えてください。

∨躙気飽貳佞いて、翌朝、浴室もしくは洗面所に流してください。

※ブレンドすることで陰陽のエネルギーが調和し、
ムーンウォーターの威力が一段と高まります。

image

この日は、「家庭」「プライベート」を意味する蟹座で起こる満月。蟹座のルーラーは月であるため、蟹座満月は「月のパワーをダイレクトに受け取れる」タイミングのひとつです。

今回の満月は、「先祖」や「DNA」など、ディープなテーマを扱う第8ハウスで起こります。そのため、潜在意識への働きが大きくなるでしょう。自分のルーツを振り返るタイミングでもあるため、お墓参りに行ったり、家族や親族にご先祖様のことを聞いてみるのも良いでしょう。

DECEMBER 24 クリスマスイブの夜

12月24日
クリスマスイブの夜

image

前日の蟹座満月のパワーがより強化されていますので、この日もムーンウォーターを作りましょう。ただし、この日お飲みいただく必要はありません。マジカルムーン・ボトル2本にミネラルウォーターを注ぎ、日が落ちてから2時間以上月光浴させてください。この時、マジカルムーン・グラスをお持ちの方は、2脚とも一緒に月光浴させましょう。完成したら、ボトルのまま寝室に一晩おいておきましょう

翌朝お飲みいただくので完成したムーンウォーターは流さないようご注意ください

image

この日は、「前日の蟹座満月よりエネルギーが強い」という面白い現象が起こります。というのも、この日の月は蟹座の後半の度数まで進み、ドラゴンヘッドとコンジャンクションするから。そして同時に、カルマの中でも「一族で受け継いできたもの」を意味する冥王星とオポジション(180度)をとるのです。

また、蟹座の月とドラゴンヘッド、蠍座の金星、魚座の海王星による「水のグランドトライン」も登場。さらには、山羊座の冥王星とドラゴンテイルをあわせると、「カイト」というスペシャルなアスペクトも形成されます。

このカイトでは山羊座の冥王星が引手となることから、この日は家系的なカルマまで一気に清算することが可能になります。しかも、それが滞ったエネルギーを動かすきっかけになり、あなた自身が抱えvるカルマも自然に清算できるのです。水のグランドトラインを活かす、ムーンウォーターが効果的といえるでしょう。

DECEMBER 25 クリスマスの朝

12月25日
クリスマスの朝

image
飲用グラス

飲用グラスを使い、細胞レベルに
「カルマリセット」の波動を落とし込む

ゝ床後、前日作ったムーンウォーターを飲用グラスで1〜2杯飲みましょう。23日と同じ要領で、2本のお水をブレンドして飲んでください。

∋弔辰織燹璽鵐Εーターは、浄化用グラスに入れる分だけを残して、この日中にすべて飲んでしまいましょう。「家族」や「家庭」を司る蟹座の波動が刻まれているため、同居されている方は、ご家族みなさんでお飲みいただくのがベストです。

*湯船に入れて「カルマリセット・バス」に入るのもよい方法です。

image
浄化用グラス

浄化用グラスで、家にはびこる
ネガティブエネルギー(邪気)を取り払う

‘瑛佑法⊂化用グラスで2本のムーンウォーターをブレンドします。

寝室に翌日(26日)の朝まで置き、起床後に浴室か洗面所に流しましょう。

作り方&使い方のポイント

  • マジカルムーン・ボトルをお持ちでない方は、色の濃淡のあるガラス製ブルーボトルを2本ご用意ください。その場合は、色が薄いボトルが満月ボトル、色の濃いボトルが新月ボトルの役目を果たします。なければ、同じ色のブルーボトルでかまいません
  • ムーンウォーターの場合は、作り時間に決まりはありません。日が落ちてから2時間以上、月光浴させればOKです。ベランダ、庭などで月光浴させることが理想ですが、難しい方は窓際に置くことで問題ありません
  • ムーンウォーターはボトルの中でブレンドせず、必ず飲用グラスにそれぞれの水を注いてください。マジカルムーン・グラスをお持ちでない方は、ガラス製のグラスをご用意ください

ニュームーン&フルムーンウォーターの作り方

このマジカルムーン・ボトル&グラスは、毎月の新月・満月でも、もちろんお使いいただけます。通常のムーンウォーターの作り方はこちらをご覧ください。また、Keikoのブログ「Keiko的 占星術な日々」でもその時々の新月・満月に合わせた作り方をご紹介することがあります。

ムーンウォーターの作り方を見る

新月・満月の魔力で開運&浄化
マジカルムーン・ボトル&グラス

ご予約早期終了のお知らせ
お陰さまで、お申し込みが予定数量に達したため、今回のご予約は早期終了となりました。
たくさんのご注文、心より感謝申し上げます。
ご予約いただけなかったお客様には、心よりお詫び申し上げます。

ご予約期間

  • 数量限定
  • ご予約商品

1116日(金) 8:00 〜 1118日(日) 23:59

お届け予定:12月14日(金)頃

セットのご予約はこちら販売は早期終了しました